フローマスターよしきの「日常をゲーム化してみた」

ゲームの要素をゲーム以外の物事に応用していく所をつぶやきます。そうする事により、生産性向上、フロー状態など、QOL(生活の質)を楽しく向上する事が出来ます。

「田原藤太」を朗読してみた。


「田原藤太」を朗読してみた。

 

3日目です。

相変わらず、再生数が増えません。

地道に頑張ります。

あと、Twitterでいいねしてくれた人ありがとうございます。

とても励みになります。

 

さて、文章内容です。↓

田原藤田昔近江の国に田原道だと言う星の星が住んでいました。ある日藤田が瀬田の唐橋を渡って行きますと、端井上に高さ10町もあると思われる大蛇がとぐろ巻いて、俺は不在で寝ていました02つの目玉が磨き上げた鏡を並べたようにキラキラ輝いて、剣を浮いたような奇抜月末入った間から、赤い光がメラメラ日を吐くように動いていました。当たり前の人なら、見ただけで目を流してしまうところでしょうか、藤田が平気な顔して、大蛇の背中の上を組んで歩いてきました。しばらく行くと、後で出し抜けに行ってもしもし。言う声が聞かれました。その時初めて振り向いてみますと、今までそこに所巻いて大蛇が影も形もなくなって、青い着物を着たキスの男が、しょんぼりそこに座って、お辞儀をしていました。藤田は不思議そうにその男の様子を眺めて、今私がまいか。ときました。功徳はまた丁寧に頭を下げて、はい、私でございます。ぜひあなたにお願いしたいことがございます。と言いました。それは聞いてあげないものではないが、いったいお前は何者だ。私は長年長年この湖の中に住んでいるようでございます。うん、竜王。それとさっきの橋の上に寝ていたのはお前金000それでようと言うのは。それは幸田ございます。いったい私はもう2000年昔からこの湖の中に住んでいてって何不足なく暮らしていたものでございます。それがいつ頃だからからそれ、あちらに見えます密柑山に、大きなムカデが来て済むようになりました。それがこの頃になって、この湖は時々嵐にもありまして、そのたんびに私どもの子供を1人ずつ下がっていくのです。どうかして敵を打ちたいと思いますが、なにぶん中は6回回山を荒巻さんも巻くと言う大昔の体の事でございますから、よし向かって行っても勝つ見込みがございません。そうかといって、このまま捨てておけば子供は残らず、私までもうムカデにとられて、この湖の中にいてもなら誰が月島でしょう。こうなると、なんでも強い人に家政婦を頼むより仕方ないがないと思いまして、この間から端の上に寝て待っていたのでございます。けれどもみんな私の姿を見ただけで逃げていってしまうのでございます。これでは世の中に本当に強い人というものはないものか、実はがっかりしておりました。それがただいまあなたお目にかかることができて、こんなに嬉しいことはございません。どうか私たちのために、あのムカデよいただけますとないか。こう言って竜王は丁寧に頭を下げました。藤田和優しいって叫ぶ回、それはどうもどうも気の毒なことだ。では早速いってその中でも待機してあげよう。と言いました。費用はたいそう喜んでではご案内をしましょう。どうか心でも、湖の底の私の住まい手までお越し05いながらいました。藤田もその後からついて行きました。しばらくすると向こうに立派な文が見えて、その奥に近隣で吹いた。の屋根が現れました。無理を敷き詰めた道を通って、産後で語った玄関入って、メロウで固めた廊下を使って、奥の奥の大広間へと言われました。そこの推奨張り詰めた欄干から、個性を空かしてすぐの頃にみかん山がそびえていました。ムカデのてますにはまだ流ございます。頭良入って、藤田ワックスがけ声、色々とご馳走をしているうちに風が立って、だんだん暗くなってきました。すると暗くなるに従って、竜王の顔が青くなっていました。あー、もうそろそろお迎えがやって参ります。頭立大和駅を恥ずかしながら囁きました。冬だからゆみは持って立ち上がりました。やがて向こうの空が甘えるように熱くなりました。それとまもなく平野miniから向山にかけて何千と言う日向が現れ、それがたいまつ行列のように、だんだんとこちらに向かって進んでいきました。あれあれ、あなた通ムカデがやって参ります。どうぞ早く退治してくださいまし歩鳥上ブルブル震えながらいました。しかし藤田がゆったりした声で、きっと大樹ってあげるから、安心しておいでなさい。と言いながら、何かに片足をかけて1-4番て、いっぱいに引き絞って、切って話しました。やはり正しく中でのみ間に当たりました。けれども間と鉄一家にぶつかったような音がして、やば金帰ってきました。他のたまってしまった。と叫んで、手早くいない奴がいて、いっそう強く引き絞って話しましたが、これも跳ね返ってきました。もう後に雨いっぱいしか残っておりません。迎えは全然近寄ってきました。漁場がっかりして死んだようになっていました。その時藤田和太思いついたことがあって、3度目の夜年目は口に行くので、そこで暮らしました。そしてゆみに使えて、京都話松田、今度こそ夜はぐっすりムカデ直美間に刺さりました。人間の妻はムカデが来たと言う事は藤田和太思い出したのでした。すると何千都内日向回16に降って消えました。大嵐が吹いて、雷が鳴り出しました。竜王も、頭を抱えて床の上につぶしてしまいました。さんちゃんおめ大荒れに荒れた後で、吹いたまた雷が止んで、嵐静まって、夏の夜がひらひらと開けかかりました。三ケ山が優しい紫色の影を空に浮かべていました。その下の緑の中での被害はゆらゆらと波に揺られていました。竜王が小鳥をして喜んで、おかげさまで今夜から穏やかな夢が見られます。本当にありがとうございます。行って、何遍も何遍も東大にお礼を言いました。そしてたくさんご馳走をして、女たちに歌を歌ってたり迷わせたりしました。ご馳走がすると、トヨタはいとまごいをして帰りましたました。以後は広いのに、藤田はぜひ帰ると言って聞かないものですから、医療は残念がってものでございますが、これは俺のおしるしにお持ち帰り下さいまし。と言いました。そして光に言いつけて、奥からごめん言っちゃった。昨日行ってきた、釣鐘和室出させて、それを東大送りました。そしてこのお土産の品を嫌いに書かせて、地方は瀬田の橋の下まで送って行きました藤田香厳からもらったしながら、どれもこれも不思議なものばかりでした。米俵はいくらお米を出しても後から後から増えて、空になることがありませんでした。昨日はいくらたってもたっても減りません。それから全く頭を実国中に聞こえるほどの高い音を立てました。藤田は釣り金4ミラリ収めて、後の2品を家に伝えていつまでも豊かに暮らせました。